リフォーム費用見積もりの正しい見方

リフォーム見積もりは金額だけのチェックではいけません!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

一式ではなく「内訳」であること!

リフォームを決めた際に、業者に見積もり依頼をすることになります。 依頼をして見積もりを手にした時、金額だけを見て判断するのはやめましょう。 見積もりには、確認しなくてはいけないポイントがたくさんあります。 その中でも、まず最初にチェックしなくてはいけないポイントをお話致します。 続きを読む

絶対確認しなくてはいけないポイント!

見積もり工事内容において、ざっくりと一式で記載されているような業者はやめましょう。
「工事一式」ですとか、「材料一式」といった表記は信用しないで下さい。

仕様(名称)・単価・数量・価格という表記で、小計があるかどうかチェックしましょう。
どんな材料を使っていて、その材料の単価がいくらで、どれくらいの量を使って、どれくらいの金額になるのか。
そこをきちんと把握しましょう。
一式表記では、安い材料を使われてもわかりませんし、他社比較も出来ません。

床や壁の工事の場合、正確な面積も表記があるか確認しましょう。
単価表記があって、どれだけの面積の工事になるのか、それにかかる費用はいくらか、と把握出来なくてはいけません。

内訳表記において、日数や人工が記載されていれば更に良いですね。
見合わせていけば、適当な作業をされているかどうかが明白になります。

材料においても、仕様が記載されていれば、記載と違う材料を使われた際に抗議することが出来ます。
一式記載されて仕様が明白でない場合は、工事費総額に見合わないグレードの低い材料を使われても、何も文句が言えないのです。
ですから、全てにおいて詳細記載のある「内訳」が必要となるのです。

見積もりは細かく色々記載されてしかるべきものだと思います。
決して小さい買い物ではないのです。
リフォームとはとても複雑で難しく、新築よりも細かく見積もりを作成するのが当然だと思います。

「内訳」見積もりを見て、理解出来ない部分や納得出来ない部分は、契約してしまう前にきちんと聞きましょう。
後からでは遅い、ということにならないよう最初に全て把握しましょう。

おすすめリンク

その他の費用とは

見積もりを見ると、様々な工事の内訳が記載されていることでしょう。 そのような工事内訳とは別に、「これは何に使った費用?」と疑問を持つ表記があるかも知れません。 その表記が大雑把で理解出来ない!という方もご安心下さい。 さて、これは一体何の費用なのか、その疑問にお答えします。 続きを読む

知っておくべきポイント

ここまでで、リフォーム見積もりの見方をご理解頂けたと思います。 これでもう皆さんは、悪徳な業者と契約を交わすことは避けられるでしょう。 リフォーム見積もりの正しい見方は理解したけど、更に知識が欲しい! そのような皆さんに、補足の豆知識をお教えします。 続きを読む